PR

【双子育児でノイローゼ】育児ノイローゼになった体験とそうならないためにして欲しいこと

双子の育児
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは。
このこのと申します。
双子男子+男子の3人の息子の母親です。
子ども達は成人し育児は終えています。

育児大変ですよね。
しかも、双子となると「大変」という言葉だけでは表せません。

 

このこの
このこの

何よりも愛おしい
可愛くて仕方ない我が子なのに

 

腹が立つ
イライラする
育児が楽しくない…

 

そう感じてしまうことありますよね?

 

 

このこの
このこの

そして、そんな事を思ってしまう自分に

 

自己嫌悪を感じ

自分をいい母親でないと責める

 

そんなこともありますよね。

 

大丈夫です。

そんなことは誰にでもあることです。

 

私が、育児が一番しんどくて
育児ノイローゼになりかけたのは
双子が1歳を過ぎた頃のことです。

詳しいお話は【双子育児いつがピーク】一番大変な時期はいつ? に書いていますので読んでもらえると嬉しいです。

 

 

このこの
このこの

今回は特に辛かった双子1歳の頃

 

何が原因で育児ノイローゼになってしまい

どんな状態になり

どうやって乗り越えたのか

 

そして今振り返って思う

育児ノイローゼに陥らないために気をつけること

 

についてお話していきます。

 

育児ノイローゼにならないための、少しでも心と体が楽になるような方法やおすすめのサービス等については、下記のここをクリックから「育児ノイローゼにならないために」の項目に飛んで読んでみてくださいね。
ここをクリック!

 

 

育児ノイローゼとは、どうして育児ノイローゼになってしまうのか?

 

このこの
このこの

可愛くて仕方ないはずの我が子なのに

腹が立ってイライラしてしまう。

 

育児が楽しくない、辛い

そんな時もあります。

 

 

人間なのでイライラすることはあります。

いつも思うようにできなくても

当たり前です。

 

そんな時があっても

心と体が元気なときは

気持ちを切り替えて上手くやっていけます。

 

気持ちの切り替えができなくなってしまい

自分が嫌になって自己嫌悪に陥り

いい母親でないと自分を責めてしまう。

 

気持ちがどんどん悪い方へ流れてしまって

よくない精神状態が続いてしまいます。

 

私が育児ノイローゼになったきっかけ

私がそんな悪い状態、育児ノイローゼ状態になってしまったのは
2つの理由がありました。
このこの
このこの
ひとつが
単純に育児が大変になってしまったことです。
双子が1歳を過ぎた頃で
二人が一人歩きができるようになり
それまで以上に目が離せなくなりました。
このこの
このこの
ふたつめが
転居による育児環境の変化。

双子育児がますます大変になってきたその時期に、転居することになってしまい育児環境が悪くなり、それまで出来ていたことが出来なくなってしまいました。

 

転居先は

  • 双子を連れていける公園や遊び場が近くにない。
  • 幅広な双子用ベビーカーを押して歩けるような道がない。
  • 交通量の多い場所で、お洗濯物を干すことも窓を開けることも出来ない。

 

このようなところでした。

ただでさえ双子を連れて外出しようと思うと
気合いを入れないとできないのに
そんな環境では
「よし!子ども達を連れて外へ行こう!」
という考えにはならず
家にこもりがちになってしまいました。

 

 

このこの
このこの

子ども達は、双子なので
常に遊び相手がそばにいて
家の中でも退屈することなく遊んでいました。

その点では助かっていました。

 

 

ですが
やっぱり外遊びができないとエネルギーを持て余すのでしょう

家の中での遊びが激しくなり

いたずらや悪さ…いわゆる親がしてほしくないことをすることが増えていきます。

そして、私のイライラも募ってきてしまいます…

 

 

 

 

このように、転居したことで

  • 気分転換ができない。
  • 外遊びができない分、子ども達は家の中でいたずらや悪さばかりをする。
  • 私はイライラ、子ども達も元気が余って親子ともストレスがたまる。

 

そんな状況でした。

 

 

親子3人家の中にこもり

誰とも会わず話さない

友達も知り合いも出来ず‥

そんな状態じゃ

誰でも心がおかしくなりますよね。

 

育児ノイローゼで起きた不調。

当時夫の帰りは夜遅く

それでも、子ども達のお風呂だけは夫に頼っていましたので

どうしても夜型生活になり

生活リズムが乱れていました。

子ども達が朝早くから起きることはないので

私も起きることができなくなってしまいました。

起きても

楽しいことはないし

しんどいことしかない…

 

起きてやらないといけない朝の家事は山積みなのに
起き上がれないのです。

 

昼前にやっと起き出して

そこから洗濯や掃除をやりだすので

1日のリズムが本当におかしくなっていました。

そんな自分に嫌気がさし
自己嫌悪で気分は落ち込んでいきます。

 

そのうちに

ストレスで体調を崩すようになってしまいました。

一番辛かったのが洗面や歯磨きもできない程のひどい腰痛でした。

その時はストレスで腰痛になっているとは全く想像していなかったので

原因が分からず

何をしても良くならず

子ども達の面倒をみるのも家事も苦痛で

辛さは募るばかりでした。

 

 

腰が痛いから何もしたくない、

できない

どこにも行きたくない…

思うように動けないしイライラする…

 

ますます気が塞ぐ

そんな状態でした。

育児ノイローゼをどうやって乗り越えたのか。

そんな最悪な状態から抜け出せたのは

  • 外へ連れ出してもらったことが気晴らしになった
  • 自分一人でも双子を連れて行ける場所を見つけた
  • 再び転居した

この3つのことが上手く作用したのだと思います。

 

外に連れ出してもらった。

腰が痛くてどこにも行きたくない、行けないと思っていましたが

 

バーベキューの集りがあるから

みんなで行こう!

 

と夫が連れ出してくれました。

腰は痛いし、知らない人ばかりの集まりだし

最初は気乗りしなかったのですが

思い切って双子を連れてみんなで出かけました。

結果的にそれが良かったようです。

 

知らない人ばかりの集りでしたが

子ども達のおかげで色んな人と会話が弾み

楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

このこの
このこの

久しぶりに楽しかった〜♪

 

バーベキューを楽しんで

明るい気持ちになって家に帰ると

ビックリしたことに

あんなに辛かった腰痛が嘘のようになくなってました!

 

 

このこの
このこの

人と会って

育児のことを聞いてもらえたり

 

子ども達のことを可愛いと言ってもらったり

 

そんなことが

いい気晴らしになったのだと思います。

 

 

このこの
このこの

あの辛い腰痛はストレスが原因だったんや…

ストレスが体の不調を引き起こすんだ
ということを実感しました。

ほんとに思った以上に
ストレスは万病の元です。

なめてはいけませんね(>_<)

 

自分一人でも双子を連れて出かけられる場所を見つけた。

腰痛が辛かったときは

一人で双子を連れて外に出てみよう

なんてとても考えられなかったのですが

腰が楽になると

少し気持ちも前向きになって

このこの
このこの

近くに公園はないけど少し歩けばあるかもしれない

と思い

ふたりをベビーカーに乗せて出かけてみました。

 

すると

双子用ベビーカーでも入れる広くてキレイなスーパーを見つけました。

その近くには公園もありました。

 

嬉しかったですね。

一人でも子ども達と気晴らしに出かけられる場所を見つけて。

ここには子ども達と遊べるような場所なんかない

と決めつけていたんですね。

探そうともしていなくて

こんな所は嫌だ
子ども達を育てるような場所じゃない

そんなことばかりずっと考えて

どんどん自分で閉じこもっていたんだと思います。

 

体調が少し良くなって気持ちに余裕ができたからこそだとは思いますが

気持ちを切り替えたり
考えを少し変えてみることで

物の見方、感じ方も変わるものです。

 

育児のしやすい環境へ再度転居した。

嫌だ嫌だと思っていた場所でも

少し良いところが見つかって気持ちが明るくなったところでしたが

子ども達のために、再び転居することになりました。

 

その家に引越すときは

反対する私の意見を

住めば都!

と言って聞き入れてくれなかった夫ですが

さすがに私の憔悴ぶりを目の当たりにして

この場所での育児は無理

と分かってくれたようでした。

転居してわずか3ヶ月での再転居でした。

 

次の転居先は

自然あふれる子ども達の遊び場もたくさんある

そして子育て世代がたくさん住む場所でした。

 

育児仲間をみつけた。

新しい転居先は環境が良いことに加えて

同じような年頃の子どもを持つ子育て世代の住む地域

育児の話や情報交換ができるようになったことも私にとっては大きな救いでした。

育児で大変なのは自分だけじゃない

 

そうかそういうやり方もあるんやね!

といった発見もあり
育児の愚痴を言い合ったりして
気晴らしもできるようになりました。

 

 

育児ノイローゼにならないために。

育児ノイローゼでしんどい思いをした体験から思う

そうならない為に気を付けてほしいことです。

 

  • 一人で抱え込まない。
  • 頼れるものは何でも頼る。
  • 上手に手を抜く。
  • 少しでも気分転換になることをする。

 

 

 

一人で抱え込まない。

育児は体力的にも精神的にも重労働です。

一人で頑張りすぎたらダメです。

一人で頑張ろうと抱え込まない。

できないと思ったら

無理だと思ったら

周りを

迷いなく頼ってください。

 

 

頼れるものは何でも頼る。

 

このこの
このこの

旦那さん、親、兄弟姉妹、友人…

頼れそうな人がいたら誰でも頼りましょう。

私の場合は

夫が家事にも育児にも非協力的な人で

育児の愚痴を言ったら
耳を疑うような酷い言葉を返されたりもして
全くあてになりませんでした。

 

幸い私は母がよく助けに来てくれて助かっていました。

近くに住んでいたわけではないのですが
週に一日しかない仕事が休みの日に
忙しい時間を縫って手伝いに駆けつけてくれて

私にとっては母が来てくれる日が唯一の息抜きの日でした。

 

 

家事代行サービスのおすすめ

状況によっては頼れる人が近くにいないこともあると思います。
そのような時には

「家事代行サービス」 の利用をおすすめします。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy
はいつでもどこでも予約が簡単で、価格もリーズナブルです。

 

 

家事にお金を使うのは気が引ける…

 

自分でやればいいことなのに…お金を使うのは少し罪悪感を感じる

 

そんな風に感じてしまう人も少なからずいるかもしれません。

 

 

このこの
このこの

でも自分をいたわってあげることも大切です。

お母さんが疲れてこわれてしまってはダメです。

 

お母さんが元気で笑顔でいられることが
子ども達のためにもなるのです。

 

 

少し誰かの手を借りて
その少しの時間で一息ついて
少しでもリフレッシュできれば

気持ちに余裕が生まれれば

また頑張ろうという気持ちになれます。

ぜひ試してみてほしいと思います。

 

WEBから1分で予約可能。お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

 

自治体の支援サービス

 

「家事代行サービス」は営業地域が限られていますので

お住いの場所によっては、利用できないこともあると思います。

そんな時は

各自治体の育児支援や家事支援サービス

を利用する方法もあります。

 

 

このこの
このこの

「居住地名 育児」「居住地名 家事支援」等で検索すると

 

自治体の育児支援サービスや居住地で利用できる家事代行サービスや
自治体が行っている家事支援を見つけることができます。

 

 

 

自治体にもよりますが、公的サービスの場合は無料や少ない料金負担で利用できますし

様々な悩みや困りごとの相談に乗ってもらえる窓口育児サークルなども見つかります。

ぜひ探してみてくださいね。

 

上手に手を抜く。

上手に手を抜く
やらなくても大丈夫なことはやらない

ということが必要です。

 

あれもこれもしなくちゃ‼

と自分で自分を追い込んでしんどくしてはダメです。

私自身がそうだったので本当にそう思います。

 

このこの
このこの

育児が大変な時期には

 

育児優先で

ほかの家事やいろんな事は置いといて

 

今しかない子どもとの時間を大切に過ごしてほしいと思います。

 

食材宅配サービスのおすすめ

育児が大変な時期は、
食事の用意が簡単にできる食材宅配サービスを利用するのもおすすめです。

 

子どもに安心して食べさせられる安心安全な食材を扱う
オイシックスという宅配サービスがあります。

中でも忙しいママ達におすすめなのが

KitOisixという、短時間で調理できるよう処理された状態で送られてくる
20分で2品作れる献立キットの宅配サービスです。

 

このこの
このこの

献立を考えたり、買い物へ行ったりする必要もなく
調理も手早くできて

洗い物や後片付けも楽になりますね。

 

 

 

初めてオイシックスを利用する人のために、1980円でお得なお試しセットが用意されています

人気のKitOisixをはじめ、野菜、果物、加工品等、6000円~7000円相当の物が10種類ほど入っていて超お得です。

(注:入っている物や割引率はその時々で変わります。)

 

私も実際におためしセットを購入し継続して利用しています。
【Oisix オイシックス】仕事や家事育児に忙しい人に絶対おすすめな食材宅配サービスの中で
おためしセットの詳細やKitOisixについても詳しく書きましたので、よかったら参考に読んでみてくださいね。

 

もんたろさんの「もんたろキッチン」では
オイシックス以外のミールキットについてもたくさん紹介してくれています。
是非参考に読んでみてください。

 

少しでも楽になって身も心も明るく軽くなれますように(^-^)

 

 

少しでも気分転換になることをする。

育児で目が回るほど忙しい時期は

ホント自分のための時間なんてありませんよね。

 

 

このこの
このこの

そんな忙しい中でも

少しでも、短い時間でもいいので

 

好きな音楽を聞いたり
何か好きなものを食べたり

 

体や心を休めてください。

 

少しでもホッと力を抜ける時間が必要です。

 

 

辛い気持ちしんどい気持ちや愚痴を吐き出す

 

私が育児をしている頃は、ネットもSNSもなかったので
友人や母に電話をして愚痴を聞いてもらって気晴らししていました。

そんなにしょっちゅうはできませんが

子ども達がうまいこと揃ってお昼寝してくれた時などにしていました。

 

今はSNSやネットがありますので
上手に使って愚痴やしんどいことを吐き出す場所を見つけて息抜きしてくださいね。

 

「聴く読書」Amazonのオーディブルはおすすめ

そして1つ息抜きにおすすめだと思うのが

「耳で聴く読書」です。

 

本を読むのが好きだけど

育児中でそんな時間は取れない

 

そんな時でも耳で読書を楽しむ

Amazon Audibleという方法があります。

 

 

 

このこの
このこの

例えば子どもの寝かしつけのときや

家事をしながら

 

耳が空いていれば、聴く読書ができます。

 

両耳をふさいで熱中してしまうのは

子ども達に注意がいかなくなるのでよくありませんが、

 

上手く使えば、少なくともページをくって本を読むよりも読書できる可能性はありそうです。

 

 

Amazon Audible (アマゾンオーディブル) は
12万冊以上の対象作品が聴き放題の聴く読書のサービスです。
30日間無料でお試しできます。                        Amazon Audible

【AmazonのAudible】で育児中でもスキマ時間で読書が楽しめる!でも詳しく紹介していますので興味があれば読んでみてくださいね。

 

本だけでなく、Podcast も楽しめますので
ちょっとした時間の息抜きにいいですよ(^-^)

 

 

「辛い」「しんどい」と感じたら早めに自分をいたわってあげて

育児に追われて忙しい日々を過ごしていると

自分でも気づかない内に、疲れやストレスをため込んでしまいます。

絶対に無理をしないで

頑張りすぎないで

 

  • 一人で抱え込まない。
  • 頼れるものは何でも頼る。
  • 上手に手を抜く。
  • 少しでも気分転換になることをする。

 

を心がけて下さい。

上手に息抜き、気分転換して

今しかない子ども達とのふれあいを楽しんでくださいね!(^^)

 

そして

双子育児は大変ではありますが(*_*)

決して、しんどいことばかりではありません(^_^)v

双子育児で楽しいこと も書いていますので

ぜひ読んでみてくださいね(*^^*)

 

タイトルとURLをコピーしました